ABCラジオ本

created by Rinker
三才ブックス
¥1,760 (2024/05/27 09:04:48時点 Amazon調べ-詳細)
ネット書店で購入
価格1,760円(税込)
著者ABCラジオ
判型四六判
ページ数312ページ
ISBN978-4-86673-392-0
発売日2023年11月22日

インタビューと資料でABCラジオを深掘り!

1951(昭和26)年11月11日の開局以来、毎日絶やさずラジオ放送をリスナーのもとに届けているABCラジオ。

パーソナリティは日々何を考えマイクの前に座り、実況アナはどんな工夫をして目の前の興奮を伝えるのか?

「居て当たり前」の存在だからこそ、その「すごさ」と「らしさ」について、改めて知っておこう!

内容

●第1章:パーソナリティ、かく語りき
上沼恵美子/桑原征平/三代澤康司/兵動大樹

●第2章:野球実況の深淵がここに!
植草貞夫×伊藤史隆×中邨雄二「鼎談 ABC実況アナウンサーの系譜」
吉田義男×小縣裕介「阪神タイガース38年ぶりの熱狂に向かって」
山下剛×高野純一×北條瑛祐×福井治人×大野雄一郎「中堅・若手アナが語る 1球1球、ラジオで伝えるということ」

●第3章:門外不出のクロストーク
ますだおかだ増田×中西正男「好敵手・MラジとABCラジオ」
ミルクボーイ×制作スタッフ「芸人のラジオはどう生まれ、どう育っていくのか?」
芦沢 誠×北村真平「ミューパラ黄金時代、再び」
珠久美穂子×田淵麻里奈「女性DJが考える“ベストパートナー”とは」

●第4章:ウラのウラまでおはパソです
小縣裕介×浦川泰幸「52歳のプロフェッショナル論」
古川昌希×和田省一「中村鋭一、道上洋三から学ぶ パーソナリティの理想形とは」

●第5章:ABCラジオと上方落語
桂吉弥×小佐田定雄「きっちり紐解く 上方落語とラジオの深い関係」
桂南天×桂りょうば「上方落語をきく会〜名物企画・しごきの会の伝説は紡がれる」

●資料編
ABCラジオ年表1951-2023
三代澤康司が語る 大淀南 思い出の場所」
「ABCラジオまつりin万博記念公園2022レポート」
カラーで見る ABCラジオ懐かし資料集(タイムテーブル・ベリカード・ノベルティetc)