NISAがまるごとわかる本

created by Rinker
¥891 (2024/03/03 06:06:00時点 Amazon調べ-詳細)
ネット書店で購入
価格1,100円(税込)
著者
判型A4判
ページ数128ページ
ISBN978-4866731827
発売日2020/02/13

株やFXよりも安心・安全
活用しないと損する税金ゼロの投資入門

 いまやその名前を目にしない日はないほど、銀行や証券会社が広告で盛んにアピールしているNISA。テレビや雑誌などでもよく特集が組まれるだけでなく、金融機関では芸能人の微笑む広告ポスターなどを目にすることも多く、なんとなく気になっている方も多いのではないでしょうか?
 簡単にいってしまえば、NISAとは一般個人投資家のための税制優遇制度です。たとえば、 一般NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式や投資信託などの配当・譲渡益が非課税になります。 通常、株式や投資信託の譲渡益・配当・分配金には、約20%の所得税が課されるため、これは大変おトクです。
 また、2020年度の税制改正で、さらに使いやすくなりました。「老後2000万円問題」も叫ばれる、これからの日本社会を生き抜くためには、「自分の資産を自分で増やす」意識が不可欠。それに向けてNISAの制度を十分に理解し、投資に必要な知識と心構えを身につけることがなによりも大切です。
 本書を参考にNISAに対する理解を深め、まずは月5000円でも1万円からでもいいので、NISAを始めてみてはいかがでしょう。
(「はじめに」より)

★本書の内容★

—————————————————-
【巻頭特集】
—————————————————-
 ・2019年と2024年 NISAの変更点をチェック!
 ・でもやはり複雑なNISA 気になる8つのギモンQ&A
 ・20代から60代以上まで 世代別NISA活用のヒント

—————————————————-
【Part1】いまさら聞けないNISAの基本
—————————————————-
・NISAって何?
・NISAの制度
・貯蓄から投資へ
・NISAの注意点
・年間投資枠
・非課税期間
・対象商品

—————————————————-
【Part2】こつこつ投資 つみたてNISA
—————————————————-
・つみたてNISA
・積立投資とは?
・ドルコスト平均法
・運用期間と商品
・利益と継続願い
・NISAから変更
・非課税期間終了

—————————————————-
【Part3】どうやって使う? NISA基本戦略
—————————————————-
・口座の開設
・口座の変更
・対象商品
・目的別商品選び
・インデックス投信
・厳選インデックス
・アクティブ投信
・厳選アクティブ
・国内ETF
・つみたてETF
・海外ETF
・ETN
・REIT
・国内株
・外国株
・ワラント債
・投資初心者の心得
・金融機関の選び方
・商品購入の流れ
・運用のケア
・売却の見極め
・口座の解約

—————————————————-
【Part4】注意! 非課税期間の終了
—————————————————-
・5年後の選択肢
・ロールオーバー
・選択肢の決め方
・ロールオーバーの判断基準
・ロールオーバーの手続き

—————————————————-
【Part5】NISAとiDeCoの組み合わせ
—————————————————-
・日本の年金制度
・iDeCoとは?
・商品の選び方
・口座を開設する
・iDeCoの運用
・年齢別組み合わせ

—————————————————-
【コラム】さまざまな資産運用方法
—————————————————-
・ジュニアNISAの概要
・「老後資金2000万円問題」とは
・投資リスクってなんだ
・自分の年金額の確認方法

—————————————————-
【巻末付録】金融機関の比較
—————————————————-